私の牛好きの原点「共進会」

乳製造担当の清永です。
段々と寒くなり、起きるのが億劫になってくるこの頃ですが、私にはこの時期ならではの楽しみがあります。それは、農閑期になる秋ごろから春ごろに開催される「共進会」に行くことです。

私の牛好きの原点、酪農を楽しいと思えるようになったきっかけが、共進会での経験と言っても過言ではありません。

共進会は、分かりやすく言うと牛の美人コンテストです。

続きを読む >

うちの大福

こんにちは。

森林ノ牧場のおばちゃんこと相馬です。
私の主な仕事はソフトクリームミックスの製造と製品の出荷。
7月、8月と出荷のピークだったので大忙しでした。

冷蔵庫と冷凍庫の中での仕事なので上着をしっかり着込んでぶくぶくっとまん丸になって仕事をしています。
納品書と製品の中身と発送伝票と間違いがないか、1件1件確認しながら心を込めて出荷されて行く製品を見送ります。
身体を使う仕事なので大変で、去年は腰を痛めてしまいました。
今は若いメンバーに気を使ってもらいながら腰とうまく付き合って仕事をしています!

仕事が忙しいとき、私の癒しは何と言っても家族との時間です。
、、、と言っても去年できた新しい家族。

去年我が家には「大福」というパグの男の子がやって来ました。
目がこぼれそうなくらい大きくて、とても可愛くて毎日一緒に寝ています。
休みの日にはたまに牧場にも遊びに連れてきますが、放牧地まで一緒に行くのが大福のお気に入り。
これからの季節は秋の風が心地よくて牧場の散歩は最高ですね!

実は牧場にも同じ名前の「大福」という牛がいます。
まだ育成牛と言われる牛で搾乳はしていませんが我が家の大福と同じように可愛くて人懐こい牛です。
我が家の大福と私はそっくりと言われていますが、
本当の息子のように可愛い大福が今日も我が家で帰りを待っていると思うと仕事にも一層力が入ります!

 

苗木作り

森林ノ牧場は2013年に除染を行い、放牧地の木の大部分を伐採いたしました。
牛を放牧するために必要だったとはいえ「森林」ノ牧場の大事な部分が無くなることは残念でしたが「切った木はもう一度植えればいい!」という気持ちで伐採・除染に踏み切りました。

除染後から植林を進めています。
といっても少しずつ。
これまで植えた木はまだほんの少しですが成長を見るのは楽しいものです。

植木屋さんから苗木を買ってきたり、牧場や周りに生えている木から実を採って苗木を育てて植えたりしています。

牧場に多いのはコナラ、クヌギ、サクラ、クリ。
クルミやカエデなんかも生えています。
これらの実は一年おきに豊作になります。

今年は豊作の年。
苗木を沢山作れそうです。


カフェの前に苗木ポットを置いているので、皆様も拾った実を植えてポット苗作りにチャレンジしてみてください。

拾った実から芽が出て、成長するまで何十年かかるかもしれませんが、植えた苗木たちと一緒に牧場もゆっくり成長していこうと思います。

キスミルレシピコンテスト結果発表!!

大変お待たせいたしました!

先日の「キスミルレシピコンテスト」の結果が出ましたのでお知らせします。
今回、どのレシピもクオリティが高く「美味しい」だけでなく、カフェで作りやすいメニューだったり、キスミルの新しいたのしみ方ができるレシピばかりで、審査がとても難しかったです。
そのため最終審査で選びきれず、大賞が2レシピ、その他にアイディア賞という形での結果となりました。

まずは大賞受賞者!

西村なつき様
「キスミルジンジャーレモン」
レモンの酸味と生姜のピリリとした刺激がキスミルとよく合い、キスミル感を残しながらも新しいキスミルの顔というか楽しみ方を表現されていてとても美味しかったです。

そして

福岡京子様
「チーズキスミル」
全てを乳製品に統一し、チーズの塩味も加わってラッシーのようなとても美味しい飲みものに変身していて、美味しい!とビックリ!のダブルサプライズでした。キスミルとは全く別のものになっていて、新しいキスミルの楽しみ方が表現されていました。

そして、アイディア賞!

原由希子様
「キスミルくるみきなこバナナスムージー」
入っているものを見た時、キスミルとくるみやきなこ、バナナがあうのかな?と思ったけれど、とてもコクがあり、美味しかったです!

以上3名の方が受賞されました

なお、大賞レシピメニュー、福岡京子様の「チーズキスミル」が9月2日~9/24、西村なつき様の「キスミルレモンジンジャー」が9/25~10/18の期間カフェにて皆さまにお楽しみいただけます。
期間限定メニューになりますので、皆さま、この期間にぜひ、お試しください。
http://www.shinrinno.jp/kissmilk/contest/?kw

そして、近日、「キスミルレシピコンテスト第2段」が発表される予定です。
今度はホットドリンクメニュー!

秋、冬が長い那須で身体も心も温まるようなそんなレシピをお待ちしております。
受賞された皆さま、本当におめでとうございました!どうぞ、賞品を味わってください。そして、ご応募いただいた皆さま、お忙しい中、レシピを考えてくださって本当にありがとうございました!

『自然と人の、間に立つ』 ~奇二正彦先生に学ぶ、インタープリター入門講座~

 

森林ノ牧場で恒例となっている奇ニ正彦先生の生態系観察会。
この秋も 再び奇二正彦先生が、森林ノ牧場にいらっしゃいます。

今年のテーマはこちらです。
『自然と人の、間に立つ』
~奇二正彦先生に学ぶ、インタープリター入門講座~
*facebookのイベントページはこちらです

今までは、奇二先生に牧場の自然を解説して頂く、という形でしたが、
今回はその「自然を解説できる人」を養成する、勉強会になります。
日時 9月24日(日)9時~18時
場所 ゆいまーる那須 音楽室及び、森林ノ牧場
受講料:5,000円
定員:20人

奇二先生に初めてお会いしたのは、一昨年だったでしょうか。
その時たしか、蜘蛛のお話をたくさん伺いました。
ジョロウグモの巣は三層構造になっていて、各層で機能が違うこと。
数千メートル上空を、風に乗って移動して行く蜘蛛がいること。
蜘蛛の巣を上手に振動させると、餌がかかったと思って蜘蛛が寄ってくること。
内容はうろ覚えですが、そんなお話にとてもワクワクしたのでした。

柔らかな雰囲気。
豊富な知識。
相手の興味を引くように、上手に伝える話術。

このお方は、タダモノではない!と驚いたものです。

その後、奇二先生が講師を務められた生態系観察会に2度ほど参加。
毎回、他の誰よりも楽しませて頂きました! 自然は、とっても魅力的で美しい。
そして、とっても機能的でもあります。
その魅力を掘り起こし、さらに人に伝える為には、やはり技術が必要、と実感したのです。

奇二先生にそういった技術を是非教えて頂きたいと思い、今年は勉強のイベントをお願いした次第です。
奇二先生、ご快諾頂き、ありがとうございます!

「インタープリター」とは、自然と人との橋渡し役。
一般的には、まだあまり知られていない名前だと思います。
でも、そういった役割を担いたい、と思っておられる方は、きっとたくさんいらっしゃる筈。

如何でしょう。
9月24日。
一緒に勉強してみませんか?

 

1 / 812345...最後 »

PageTop