『自然と人の、間に立つ』 ~奇二正彦先生に学ぶ、インタープリター入門講座~

 

森林ノ牧場で恒例となっている奇ニ正彦先生の生態系観察会。
この秋も 再び奇二正彦先生が、森林ノ牧場にいらっしゃいます。

今年のテーマはこちらです。
『自然と人の、間に立つ』
~奇二正彦先生に学ぶ、インタープリター入門講座~
*facebookのイベントページはこちらです

今までは、奇二先生に牧場の自然を解説して頂く、という形でしたが、
今回はその「自然を解説できる人」を養成する、勉強会になります。
日時 9月24日(日)9時~18時
場所 ゆいまーる那須 音楽室及び、森林ノ牧場
受講料:5,000円
定員:20人

奇二先生に初めてお会いしたのは、一昨年だったでしょうか。
その時たしか、蜘蛛のお話をたくさん伺いました。
ジョロウグモの巣は三層構造になっていて、各層で機能が違うこと。
数千メートル上空を、風に乗って移動して行く蜘蛛がいること。
蜘蛛の巣を上手に振動させると、餌がかかったと思って蜘蛛が寄ってくること。
内容はうろ覚えですが、そんなお話にとてもワクワクしたのでした。

柔らかな雰囲気。
豊富な知識。
相手の興味を引くように、上手に伝える話術。

このお方は、タダモノではない!と驚いたものです。

その後、奇二先生が講師を務められた生態系観察会に2度ほど参加。
毎回、他の誰よりも楽しませて頂きました! 自然は、とっても魅力的で美しい。
そして、とっても機能的でもあります。
その魅力を掘り起こし、さらに人に伝える為には、やはり技術が必要、と実感したのです。

奇二先生にそういった技術を是非教えて頂きたいと思い、今年は勉強のイベントをお願いした次第です。
奇二先生、ご快諾頂き、ありがとうございます!

「インタープリター」とは、自然と人との橋渡し役。
一般的には、まだあまり知られていない名前だと思います。
でも、そういった役割を担いたい、と思っておられる方は、きっとたくさんいらっしゃる筈。

如何でしょう。
9月24日。
一緒に勉強してみませんか?

 

PageTop