冬こそ、那須の温泉へ。

いやぁ、寒い。本当に寒いですね。

みなさん、猛烈な寒さで体調を崩したりしていませんでしょうか?

今回の寒波で、冬が本当に嫌になった菅野です。

今日は、ぼくをおそった那須の厳しい冬の仕打ちと、それを癒してくれた温泉についてお話しします。

積雪で彩られた那須山

 

それにしても、今年の大寒波は今まで経験したことのないものでした。

1週間にわたり、日中の最高気温は0℃以下。

雲に覆われて、久しく顔を出さない太陽。

降りやむことのない雪。

我が家は、那須にある築数十年の別荘タイプの一軒家に住んでいるため、

外気の影響をもろに受けました。

我が家の屋根には、どっさり積雪が。

 

雪かきをやってもやっても、家の周りの雪はなくなることはありません。

 

さらに、我が家の水道は凍りつき、台所しか水が出なくなりました。

数十年に一度の寒波襲来はかなりレアケースだったとは思いますが、

今回の寒波は、ぼくの心も芯から凍りつかせました。

 

この大寒波の影響でお風呂に入れなくなったぼくは、

「この機会に那須の温泉を味わおう」と温泉巡りをしたので、それらの温泉をご紹介したいと思います。

そもそも冬の那須では、雪や寒さの影響で閑散期になるため、かなりお得な価格で温泉に入れます。

 

・ホテルエピナール那須さん

 那須町にあるホテル エピナール那須さんの日帰り温泉。日帰り温泉を利用している方は少ないかもしれません。

 露天風呂、檜風呂、サウナなど非常に広い入浴施設。冬の平日は入浴料が半額の600円になっています。

 

・那珂川温泉 皆幸乃湯(かいこうのゆ)

 那須塩原市の市街地にある温泉。ぼくはこの雪のなか黒磯へ買い物などに行った際に、立ち寄っていました。

 市街地近くにある天然温泉で、町の銭湯のような気軽に入れるお風呂。17時以降は500円で入浴できます。

 

・金ちゃん温泉 那須高原日帰り温泉

 この寒波のなか、あえて雪景色を肴に温泉に入りたいと

 思い、行ってきました。2年前にリニューアルオープンして

 とてもきれいなお風呂を味わえます。

 那須湯本寄りにある温泉は硫黄の香りが強いから…と嫌煙している方も気兼ねなく、

 どぼんと湯船に入れます。ここも、17時以降は600円で入浴できます。

 

・小鹿の湯

 那須温泉の元祖的な存在で、

 有名な「鹿の湯」から源泉を引いている温泉。

 かなりこじんまりとしていて、大勢の人がくる温泉ではないため、

 ゆったりとお風呂を味わうことができる。

 ただし、3日間は硫黄泉の香りがとれないことを覚悟して、

 温泉に入りに行くべき。

 

ぼくが入ってきた温泉のなかで、興味のわいたお風呂はありましたか?

こうした温泉をお得に味わえる冬にもぜひ那須へいらしてください。

 

PageTop