プリンスと消費税と私

 

プリンスパパです。

時の流れは早いもので、プリンスもこの3月で5歳になります。

人間の歳でいうと、だいたい私と同じぐらいの年齢でしょうか。(私は公的書類の年齢の欄には、いつも「不詳」と書くことにしているのですが、このブログのタイトルのもじり方で世代がわかってしまいますね)

まだまだ幼いと思っていましたが、いつの間にか同世代になっていたとは…。

息子に越えられる父親の気持ちというのがいかばかりか、最近なんとなくわかるような気がしています。(「部屋とYシャツと私」は別にそんな歌ではありませんが…)

 

さて、私は普段、プリンスの秘書業務の傍ら、森林ノ牧場の経理と労務を担当しているのですが、そんな私の最近の悩みのタネは、ズバリ消費税です。

各メディアで散々話題になっているので、すでにご承知おきのこととは思いますが、今年の10月からの消費税増税に伴い、複数税率が導入されます。

今まで8%だったものが10%になりますが、食料品と定期購読の新聞だけは8%のままで軽減税率となります。現行の8%から減っているわけでもないのに、『軽減』税率とはこれいかに。

『据置』税率とでもしたらいいじゃないかと憤慨したくもなりますが、この程度のまやかしに憤っていては、本当の闇から目を背けることになりかねません。(え?「食料品はともかくとして、なぜ新聞だけが??」・・・なんてことは別に言ってませんよ!)

それはさておき、この10月からは消費税が8%のものと10%のものが混在することになります。経理の現場的には、消費税対象外という0%が今までも存在していたので、すでにある意味複数税率ではあったのですが、それが今後は0%・8%・10%の3種類に分類しなくてはいけなくなりました。

これがまた手間が増えるばかりか、今のところその基準があいまいな部分も多々あるので、いろいろと頭を悩ませることになりそうです。

まあ、いずれにしても、これは経理の現場にいる人間にしか理解してもらえない悩みだろうと思うので、愚痴はここまでにしておきましょう。

 

気を取り直して、皆様のお役に立つ情報をお伝えしていこうと思います。

というわけで、森林ノ牧場のお客様がカフェや通信販売などをご利用になられる場合に、10月以降どんな影響があるのだろうか、ということを具体的にお話ししていくことにします!

 

 

・・・と思ったのですが、大人の事情により、現時点ではまだお話しすることができません。。

具体的なお話ができる段階になったら、何らかの形でお知らせさせていただくことになると思います。

 

PageTop