あの子の革

うちのスタッフのバッグとか財布がうちの牛たちの革になったら素敵だなぁ、
と最初は単純な想いから皮を使えないかを調べてみました。

屠畜場では屠畜後の解体作業は肉はお肉屋さん、皮は皮屋さん、内臓は内臓屋さんがそれぞれ担当していて、皮を使う場合は皮屋さんから買い戻せるということが分かりました。

戻ってくる皮は塩漬けになって戻ってきます。

塩漬けになった皮

しかしこのままでは使えず、鞣し加工をする必要があります。

鞣し加工をする業者は大量の皮を処理するところばかりなのですが、全国各地で獲られたジビエの皮を鞣している業者が見つかり、牛の皮でも一頭から処理してくれることが分かりました。

牛が屠畜され、皮屋さんが皮をとり、さらに鞣し加工をすることで、皮が革になります。

森林ノ牧場で飼育するジャージー牛は一頭ごとに名前が付いています。当たり前ですが牛たちは性格も見た目も一頭ごとに違います。
牛たちの名前をつけるのはスタッフや、研修生や、たまにお客さまにつけていただいたり。

生産動物だけど、
いや、生産動物だからこそスタッフにもお客さまにも愛されて飼育された牛たちです。

 

革は出来るだけ牛のイメージに近い色に染色しています。
製品には牛の耳標番号を入れています。

牧場スタッフが書いた牛たちのプロフィールを書いた「その子のこと」を一緒にお渡しします。

革は使うほどに馴染み、世界に一つしかないその人の革になります。
ほつれたところはまた縫い直せば使えるし、乾燥したならオイルを入れればまたツヤが戻ります。

革を加工してくれているのは川口にあるjourneyさん。
一つひとつ手縫いにこだわり、直せる革を丁寧に作ってくれます。
https://journey-leather.com

職人さんたちの技術によって皮から革になり、使い続けるほどに愛着が湧いていく革製品となるまでの工程は、革に牛や人の想いの「魂」を吹き込んでいるようにも見えました。

牧場の牛たちが皆さんの手元で再び愛されて、大切に使い続けたくなる革製品になりますように。
https://www.shinrinno.jp/project/leather/

牛は肉食動物?

 

皆様こんにちは!
森林ノ牛飼い、斎野です。

私実は、青森県出身です。
北国育ちは寒さに強い、と思われる方が多いと思うのですが・・・。
私は寒さには滅法弱い!

気温が下がると、心も体も活性が低下します。
そして眠くなる。
出来る事なら、これからの季節は冬眠していたい!

なので。
寒さに強い乳牛が、いつも羨ましく見えるのです。

ではなぜ乳牛は寒さに強いのか。
それは、牛の消化吸収の仕組みに関係しています。

続きを読む >

森のビオトープ2019 落ち葉の生きものマンションづくり&ぼくらのビオトープ池観察会

今回も生きものの専門家である「さとちゃん」をお呼びして、生きもののすみか[ビオトープ]を作ります。生きものが冬をこすための落葉のマンションづくり、去年みんなで作った「ぼくらのビオトープ池」の整備をしながら、観察会を行います。

続きを読む >

年に一度の、あの季節がやってきます!

みなさん、お変わりないでしょうか?

ご無沙汰しております。

絶賛、風邪っぴきの菅野です。

 

牧場は、テレビに取り上げられた影響で、毎日たくさんのお客様にきていただいていて、

夏よりも忙しい状況。ありがたいかぎりです。

とはいえ、なかなか牧場まで足を運べないみなさんに朗報があります。

年に一度、牧場のソフトクリームが都内で食べられる時期がやってきます。

続きを読む >

プリンスの弟とそのまた弟(もしくは妹)

プリンスパパです。

プリンスが我が家に養子に来たのが5年半前。

「獅子は我が子を千尋の谷に落とす」という言い伝えに倣い、当初から一人暮らし(牧場暮らし?)をさせている甲斐があってか、プリンスはそれはそれは生命力あふれる子供(おじさん?)に育っております。

そんな頼もしいプリンスには、種違いの異母兄弟がいます。3歳児の弟なのですが、この4月から保育園に通いだした影響もあってか、最近ではその3歳児っぷりに磨きがかかってきております。

保育園の給食はほぼ残さずなんでも食べてくるのに、家では「これいらない!」だの「ラーメンがいい!」だの「秋茄子は嫁に食わすな!」だのと言いたい放題。

着替えのときも、「自分で着替えるから手伝わないで!」と言ったかと思えば、次の日には「なんで着替えさせてくれないの!」とご立腹。。

さらには、靴下の左右が同じなのが気に食わないご様子で、右足は青、左足はオレンジというような格好でお出かけすることも。

続きを読む >

PageTop